“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ブラウントラウト【茶鱒】釣りの仕掛け編

ヨーロッパ原産のフィッシュイーターは、ルアー&フライ狙いで!

【釣りやすさ】★★★☆

【釣り場とシーズン】

北海道の湖や河川、本州でもいくつかのポイントでは管理釣り場ではない自然の環境でブラウントラウトが釣れる。遊漁期間、持ち帰りの匹数など、釣り場の規則に従って釣行したい。

また、ブラウントラウトを放流している管理釣り場も多くある。まずは管理釣り場で楽しんでみるのもいいだろう。

 

 


大型のブラウントラウトが釣れることで知られる北海道の支笏湖。

【ルアー釣り】

魚食性が強いため、ルアーの絶好のターゲット。タックルは釣り場の規模に合わせて選ぶため、渓流では6フィート前後のロッドに4〜6ポンドのライン、湖では7フィート前後のロッドに6〜8ポンドのラインが一般的だ。
管理釣り場ではほかの魚種がメインになることが多いため、6フィート前後のロッドに2〜4ポンドのラインが使われることが多い。
ルアーはとくにミノープラグへの反応がよく、ニジマスヤマメイワナを狙うよりもひとまわり大きいものが効果的。基本敵にはイワナなどと同様に障害物を好むため、底付近や倒木などのまわりを狙うのがセオリーだが、陸棲昆虫が多い時期は、トップウォータープラグを使うのもおもしろい。

【フライ釣り】

渓流、本流、湖など釣り場によって使用するタックルは違ってくる。基本的にニジマスなどほかのトラウト類を狙う時と同様。渓流なら2〜5番、本流や湖では6番以上が一般的だ。
魚食性が強い魚なので、フライはストリーマーが多用される。水棲昆虫を模したフライ、または湖では湖面に落ちるハルゼミを模したフライが効果的な時期もある。警戒心が強い魚なので、アプローチは慎重に行うのもコツ。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.