“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

イワナ【岩魚】生態編

【分類・分布】

サケ目サケ科イワナ属の魚。日本に棲息するイワナ属の魚はイワナとオショロコマのみ。オショロコマは北海道のみに棲息しているが、イワナは北海道から本州南西部まで広く分布している。
棲息する地域によって、体色や斑紋などの差異が見られ、学術的にはいくつかのタイプに分けられることが多い。
北海道と東北の一部に見られるのが、エゾイワナ型で、降海型のものをアメマスと呼ぶ。
本州で多く見られるのはニッコウイワナ型で、東北から関東、中部、近畿まで分布している。
ヤマトイワナ型は、東北地方の一部や紀伊半島に棲息。そのほかに中国地方西部に分布するゴギ型などがいる。

【形態】

やや側扁した紡錘形で、尾ビレの前には脂ビレがあるのが特徴。体側の斑紋は地域によって差異が大きく、エゾイワナ型は白い斑点が明瞭(アメマスは斑点がさらに明瞭で大きい)。ニッコウイワナ型は白色斑がやや小さく、体側下方に桜色の斑点が見られる。ヤマトイワナ型は白色斑は不明瞭で、鮮やかな朱紅色の斑点が体側に飛んでいる。


イワナは本州と北海道のみに分布し、九州・四国には見られない。体色は地域差が大きい


イワナと同属であり、姿形も似ているが、上はオショロコマで下はアメマス

【生態】

水温15℃以下の冷水を好むため、一般には山岳渓流の最上流部に棲息。ただし、北海道の場合は平野部の河川で見られるほか、ダムの放水などで低温が保たれている大規模河川などでは、本流域にも棲息する。
産卵期は秋で、孵化後砂礫の中で越冬し、春になると水棲昆虫などを捕食しながら成長する。貪欲な食性で、成長するにつれ水棲昆虫だけでなく、トンボやセミ、バッタなどの陸棲昆虫も捕食するようになり、小魚やカニも食べる。水中に落ちたミミズ、トカゲ、カエル、ヘビなどにも襲いかかるなど、獰猛で悪食な性格だ。
その反面警戒心が非常に強く、釣り人が不用意に近づくと長時間物陰に隠れてしまう、といった性格ももつ。

【文化・歴史】

イワナの生態は解明されていない部分もあり、イワナにまつわる伝説も数多い。なかでも有名なのが山形県の大鳥池のタキタロウ伝説。大鳥池はブナの原生林に覆われた周囲約3kmほどの小さな池だが、体長1.5mを超す巨大魚・タキタロウが棲息しているといわれてきた。何度か地元自治体やテレビ局などの調査も入っている。真実はいまだに謎だが、イワナやアメマスが巨大化したものとされている。

↓こちらもあわせてどうぞ


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.