“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ヌマチチブ【沼知々武】生態編

【分類・分布】

ヌマチチブは、スズキ目ハゼ科チチブ属に分類される淡水魚。ハゼ科の魚は、世界で2,000種以上がおり、淡水・汽水・沿岸部の海などに棲息している。
チチブ属のほかに、マハゼ属(マハゼ、ハゼクチなど)、ヨシノボリ属(ヨシノボリ類)、ウキゴリ属(ウキゴリ、ジュズカケハゼなど)、ムツゴロウ属(ムツゴロウなど)などがハゼ科に分類されている。
分布域は、北海道から九州まで広く棲息している。

【形態】

全長15cmほどで、マハゼと比べると太く短い円筒形で、頭は横に平べったく、尾側は側扁している。口は大きく、腹ビレが左右くっついて吸盤状になっているのが特徴。この吸盤では、流れが強い場所でも川底の石などにくっついていることができる。
体色は明褐色から黒で、生息環境によっても異なる。身体全体に白い斑点が散在している。胸ビレの付け根は黄土色の帯の中にオレンジ色の帯がある。尾ビレは丸く中央に切れ込みはない。


釣れるのは河川内が多いが、海に下って成長し、再び河川に遡上する「両側回遊魚」

【生態】

河川の汽水域から下〜上流、汽水湖、故障などに棲息する。隠れ家になる隙間を好み、川石や障害物、杭などの陰に潜んでいる。
食性は雑食で、藻類、水棲昆虫、小魚などを食べる。
産卵期は春から夏で、オスが産卵室を作ってメスを誘い、産卵後もオスが卵を保護する。10日間ほどで孵化すると仔魚は海へ下って1〜3ヶ月を過ごした後、再び河川へ遡上する。寿命は約1年間で、産卵を終えると死んでしまう。

【文化・歴史】

四国の四万十川、仁淀川などには、川を遡上するヌマチチブなどの小魚をとるための「ガラ曳き」「ゴリガラ曳き」と呼ばれる伝統釣法がある。(四万十市の観光情報ページ→) 以前は多くの漁師が行っていたが、現在ではこれを行う漁師は非常に少なくなっている。

各地の身近な川に棲息するため、地方名は非常に多く、主なものでもクロゴリ(秋田県)、クロゴロ(茨城県)、ダボハゼ(関東・東海地方)、グズ(新潟県・北陸地方)、イモゴリ(石川県)、カワハゼ(和歌山県)、フグリクライ(京都府)、カジカ・ドンコ(愛媛県)、ゴモ(鹿児島県)などさまざまだ。
ゴリという呼び方は、ハゼ型の淡水魚全般の呼称とされることもあり、カジカとの混称も多くみられる。カジカは川底に棲息し、頭が大きくずんぐりとした体型が似ているが、分類上はまったく別の魚。

↓こちらもあわせてどうぞ


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.