“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ライギョ【雷魚】生態編

【分類・分布】

正式和名がライギョという魚はおらず、スズキ目タイワンドジョウ科のカルムチー、もしくは同科に属する魚の総称として呼ばれる。日本には、カルムチー、ライヒー(タイワンドジョウ)、コウタイの三種が棲息している。もともとは日本に自然分布はしておらず、朝鮮、台湾から移入されたもの。
コウタイは、沖縄県の石垣島とその他一部の地域のみに生息する30cmほどの小型種なので、釣りの対象となっているのは、ほぼカルムチーとライヒーだ。
カルムチーは、ほぼ全国的に分布。ライヒーは近畿地方の一部、沖縄県にのみ棲息している。

【形態】

カルムチーは大型の暗色斑が体側にほぼ2列に並び、斑紋の縁のほうが色が濃く、内側がやや薄い。しかし個体差があり、大型になると体色が黒ずんでくるので、斑紋の識別がしにくいものもいる。90cm程度まで成長するが、まれに1m超の個体も見られる。
ライヒーは斑紋がギザギザしていて、数がカルムチーより多い(ただしこちらも個体差が大きい)。70cmを超えることはあまりなく、50cm前後のものが多い。


扁平した頭の形などから英名はスネークヘッド。肉食魚で小動物などまで食べる

【生態】

両種とも、平野部の湖沼、よどんだ川やワンドなどの止水域、水生植物の豊富な泥底の場所を好む。春から秋には活動するが、冬場は泥底や枯れ草などに潜って冬眠する(冬でも活動する個体もいる)。
生態的な特徴として、ライギョ類は空気呼吸が可能。といっても肺があるわけではなく、口から空気を吸い込み、鰓の近くの上鰓器官という粘膜から酸素を吸収する。
食性は肉食で、カエル、小魚、ザリガニなどのほか、ネズミ、トカゲ、小鳥なども食べる。
産卵期は5〜8月頃。水草やゴミを集めてペアで産卵床を作り、1万個以上の卵を数度にわたって産む。産卵後もペアで卵や仔魚を守る。

【文化・歴史】
カルムチーは、1923年頃、朝鮮半島から移入され、関西を中心に全国へ広がった。ライヒーは1906年に台湾から移入。タイワンドジョウと呼ばれるのは、そのため。ドジョウとは分類的にはまったく違う。
一時は、在来の生物に影響を与えるものとして、以前の「要注意外来生物」に指定されていたが、平成27年に新たに発表された生態系被害防止外来種には、指定されていない。
雷魚という名前は、悪天候時に行動することから雷を呼ぶ魚と見られたからとも、獰猛な捕食行動が雷が鳴るまでくわえた獲物を離さない、と見られたからともいわれる。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・淡水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

西野弘章 五目釣り師 竹岡にてマダイ釣り

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 魚の生態・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.