“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

オイカワ【追河】生態編

【分類・分布】

コイ目コイ科オイカワ属の淡水魚(ハス属とされることも)。
自然分布は信濃川、利根川以西の本州各地、九州。海外では朝鮮半島、中国、台湾など。環境に適応しやすく繁殖力が強いので、日本ではアユの稚魚の放流に伴って,東北地方や四国にも分布するようになっている。

【形態】

細長く、側扁した川魚の典型的な体型で、体色は体側と腹部は銀白色、背は青みがっかっている。体側と腹部には赤みを帯びた5〜10個ほどの横斑が並ぶ。
産卵期のオスには鮮やかな婚姻色が現れ、体側は鮮やかな水色、顔は黒ずみ、腹と横斑はピンク色、尾ビレ以外のヒレの前縁が赤く変わる。顔には追い星が現れる。
成魚の体長は12〜15cmほど。メスよりオスのほうが大きい。


婚姻色の出たオスのオイカワ。メスには大きな変化は見られない

【生態】

河川の中・下流の平瀬や淵、湖の岩場などに棲息している。カワムツと分布域が重複するが、オイカワのほうが水流が早く日当たりのよい場所を好む。また、カワムツに比べて水質汚染や河川改修などの環境の人為的改変に強いため、都市部の河川にも棲息する。
雑食性で、藻類、水棲昆虫、陸棲昆虫、プランクトンなどさまざまなものを食べる。
産卵期は5〜8月頃で、流れの緩やかな川底の砂礫に産卵床を作り、産卵を行う。成熟まで2〜3年かかる。寿命は4〜5年。

【文化・歴史】

オイカワの名は、もともと琵琶湖地方の呼び名で、産卵期の婚姻色が出たオスを指して名付けられたもの。
地方名は多く、関東ではヤマベが一般的。中部地方以西ではハヤ・ハエがつく呼称が多い。婚姻色の鮮やかさからジョロウ(女郎)、オイラン(花魁)ブナ、アカハラ、アカハエ、アカンバエなどの呼称もある。

↓こちらもあわせてどうぞ


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.