さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ヨシノボリ【葦登】生態編

【分類・分布】

ヨシノボリとはスズキ目ハゼ科ヨシノボリ属に分類される魚の総称で、ヨシノボリ属の魚は、以前はヨシノボリとゴクラクハゼの2種だと思われていたが、その語、鰭条数や模様の違いなどで別種として分けられるようになり、15種については学名が確定しているが、まだ学名が未確定な種も多い。
アジアの熱帯から温水の淡水、汽水域に広く分布し、日本でも各地に分布している。

【形態】

どの種類も、体長5〜10cm前後で、いわゆるハゼ型の体型で頭部が大きく、目が上についていて、口が大きい。第一背ビレは長く、胸ビレは大きく、尾ビレは丸い。体色や斑点などは種類によって異なる。

カワヨシノボリ。海に降りず一生淡水域でクラスのが名前の由来。やや小型。

ゴクラクハゼ。河川の下流から汽水域を好む。全長6〜10cm程度。

【生態】

渓流から都市部の河川、湖沼に棲息する。腹ビレは吸盤状になっていて、川底の石やコンクリートの護岸などに張り付いている。
食性はほぼ肉食で、水棲昆虫、小魚、魚卵、エビ、ミミズなどを食べる。藻類やデトリタスなどを食べることもある。
春から夏の産卵期になると、オスは縄張りを作って川石の下などに穴を掘ってメスを誘う。メスを狙って侵入してくるほかのオスを攻撃して追い払う。産卵後はオスが孵化するまで卵を守る習性がある。
仔魚は海へ下り、海で成長して再び川を遡るが、一生を淡水域で過ごす種類もいる。
【文化・歴史】
名前は、川を遡上する際に流れの横の岩場を遡ったり、葦の根元に登ったりすることもあるために名付けられたとされる。
関西を中心にゴリ、ゴリキ、カジカと呼ばれることが多いが、これはカジカチチブ類など小型のハゼ型の魚の総称として呼ばれるものだ。
↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 魚の生態・淡水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 魚の生態・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.