“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

オオクチユゴイ【大口湯鯉】生態編

【分類・分布】

スズキ目ユゴイ科ユゴイ属の淡水魚で、日本に棲息するユゴイ属の魚には、ほかにユゴイ、ギンユゴイ、トゲナガユゴイがいる。尾ビレの斑や帯の違い、体側の斑の違いなどで区別する。
日本では奄美諸島や琉球列島に多く棲息し、降河回遊性のため海で産まれた稚魚が黒潮にのって北上し、九州や四国、本州の沿岸部で見られることもあるが、多くは越冬できずに死んでしまう「死滅回遊魚」。ただし近年では静岡県で成魚の捕獲記録があるなど、分布域が北上しているとされる。
世界的にはインド太平洋の熱帯から姉ってイに棲息し、西はアフリカ東岸から東はサモア諸島、南はオーストラリア北部まで分布し、日本での分布は北限となっている。

【形態】

体形は左右にやや側扁し、体高がやや高い。目が大きく、口も大きく、後端は眼窩後半まで達している。体色は銀色で、背側はやや黒ずんでいるか黄色みがかっている。黒褐色の斑点が体側全体にある。尾ビレは両端が丸く、成魚は全体が黒く先端が黄褐色。
全長は最大45cmほどで、日本で見られるユゴイ属の魚では一番大型になる。


体側全体に黒い斑点が散在する。ユゴイと混棲する場合もある

【生態】

沿岸部の浅い海から、汽水域、河川に棲息。産卵は河口や海で行われるが、成長に伴って川を遡り、河口から中流での生活が中心とされる。
動物食寄りの雑食性で、小魚、甲殻類、水棲・陸棲昆虫などを捕食する。アグレッシブな性格をもつ反面、人の気配などには敏感で、物陰に隠れてしまう。

【文化・歴史】

沖縄では、ほかのユゴイ属の魚とともに、ミキユー、ミキイユなどと呼ばれる。近年、ルアーやフライへの反応が良いと任地されてくると、奄美大島、沖縄本島、西表島、与那国島などで、釣りのターゲットとしての地位を確立。「ジャングルパーチ」とも呼ばれている。

↓こちらもあわせてどうぞ


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.