“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

クルメサヨリ【久留米細魚】生態編

【分類・分布】

海水魚のサヨリと同様、ダツ目サヨリ科サヨリ属に分類される。しかし棲息域は汽水、および淡水域。サヨリ科にはほかにセンニンサヨリ、ナンヨウサヨリ、ホシザヨリなどがいる。

クルメサヨリの分布は、青森県小野原湖と十三湖以南の本州、九州。朝鮮半島や台湾北部、インド、西部太平洋の熱帯・温帯域に分布する。

【形態】

体形は細長く、口先は尖り、下アゴが上アゴよりも長く突出している。体色は背側は淡緑色でウロコがあるが、腹側は銀白色でウロコがない。サヨリより全体に体色が淡い。また、クルメサヨリの全長は20cm程度とサヨリが約40cmまで成長するのと比べて小型。また、クルメサヨリは下アゴの先端が濃い緑黄褐色〜黒であるのに対し、サヨリは赤い。


形は海のサヨリとほとんど変わらないが、全体に体色が淡く、下アゴの先端が黒っぽいことで区別できる

【生態】

大きな河川の汽水域、下〜中流域、湖沼、潟湖などに棲息する。春から初夏にかけての産卵期には、河川を遡上する。外洋など純粋な海水域へ出ることは少ないとされるが、近くに大きな河川がある漁港や堤防などでは群れが見られる場所もある。
表層を群れで回遊し、幼魚のころは付着性の小動物を食べているが、成長すると動物プランクトンを食べるようになる。

【文化・歴史】

水質汚濁に弱く、棲息地の環境破壊などにより各地で激減している。環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に分類され、都道府県版では、島根県、福岡県、長崎県、佐賀県、岐阜県、福井県などで、絶滅が危惧される分類とされている。

地方名はヨド(霞ヶ浦、宍道湖)、ホソクチ(茨城)、キス(岐阜)など。

↓こちらもあわせてどうぞ


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.