“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

サクラマス【桜鱒】釣りの仕掛け編

河川内での釣りのほか、河口付近や岸釣りなど海でも狙える

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】



海へ降りて河川を遡上するその習性から、河川での釣りのほか、河口付近での沖釣りや岸釣りで狙える。
河川内での釣りは個体数が少ないこともあって難易度が高いが、近年では河川によっては放流によって釣りやすくなっているところもある。どの河川でも釣行の際は、遊漁規則などに注意しよう。なお、北海道では河川内でのサクラマス釣りは禁止。洞爺湖では湖沼型陸封サクラマスが釣れるが、こちらも遊漁規則を遵守のこと(→洞爺湖漁協

海からの岸釣りは、ルアーのほか、キビナゴなどをエサにした磯竿のウキ釣りで狙うこともできる。

 


河川での釣りは、サクラマスがエサをほとんど穫らないこともあり、なかなか手強い釣りだ

【ルアー釣り】

下のイラストは、河川内でサクラマスを狙う例。遡上しているサクラマスはエサをほとんどとらないと言われるが、スプーンやミノープラグに実績gあある。スプーンは10〜30g程度、ミノープラグは7〜11cmがメイン。
海の岸からの釣りでは、サクラマスが捕食しているイワシやキビナゴなどの小魚類を模したルアーを使うのが主流。メタルジグがポピュラーだ。

 

【沖釣り】

沖釣りは2〜3月頃が盛期。幹イトの下にバケと呼ばれる集魚効果を狙ったオモリをつけ、幹イトとバケの後端に毛バリをつけて釣る。
下のイラストは東北の太平洋側での一例。緑色の毛バリが主流で、上からタコベイトを付ける場合もある。



 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・淡水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.