“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

釣魚料理の道具

魚をさばく第一歩は包丁&まな板から。
その他にも料理に欠かせない小道具をご紹介。

包丁の選び方

【基本的な包丁】

釣魚料理の包丁

下ごしらえから始める釣魚料理では、やっぱり専用の包丁がほしい。
上から出刃包丁、刺身包丁、漁師包丁。最初から上の2本があればベストだが、1本だけそろえるのであれば、出刃ほど刃が厚くなく、刺身包丁ほど細長くない漁師包丁をそろえよう。
刃渡りは出刃で刃渡り15センチ程度の中型のものが手頃。鋼を使った和包丁はさびやすいので、使用後は水洗いし、しっかりとふきんで拭いてからしまおう。
こまめに研いで使うことも大切なポイント。

【小包丁も便利】
小包丁

アジやメバルサイズの魚をさばくには、出刃よりも小型の包丁が使いやすい。
セカンド包丁として、小さめサイズの包丁を揃えておくと便利だ。右のアジ切り包丁と呼ばれるものは、出刃を小型にしたような包丁で、刃渡り10~12センチ程度のものが扱いやすい。
また、野外料理などで使いたいのであれば、フィレナイフと呼ばれる刃が薄く細いタイプのものが便利、刃渡りが20センチ程度のものをシース付きで揃えておこう。アウトドアショップや包丁店で購入できる。

まな板選び&手入れ 
【まな板は木製がベスト!】

包丁とのなじみもよく、滑りにくい木製のまな板がベスト。材質はヤナギ、イチョウ、ホオ、ヒノキなどのものが使われていて、正目である程度厚みのあるものが、反ったり変形したりしにくい。
プラスチック製のものはやや滑りやすいが、汚れ落としが簡単。
さばくのに使う面と刺身など生食用を切る面を使い分けるといい。

木製まな板

【手入れはこまめに!】

木製でもプラスチック製でもまな板は清潔第一! 使っている途中でも汚れたらたわしでこすりながら流水で洗い、ふきんで水気をふきとってから次の作業をする。
最後にはよく洗って、さらに熱湯をかけてから再び水気をふき取り、乾かそう。
晴天の日には屋外で乾燥させることも大切だ。

まな板の手入れ

その他の道具 
【さばきの小道具】

下の写真の道具は、さばきの際にあると便利。
・うろこ引き 包丁でもうろこは引けるが、大型でうろこの硬い魚をさばく時にはあると便利
・キッチンばさみ エラを切ったり小魚の頭を落としたりするのに使える
・目打ち ウナギ、ギンポ、アナゴなどをさばくときにまな板に固定するのに使う
・骨抜き 中骨をぬくときの必需品

釣魚料理の小道具

【その他の道具】

・鍋類 そろえるときりがないのだが、汁物や煮物用に片手鍋、揚げ物、炒め物、焼き物用にフライパン(煮物にも使えるし意外と便利)、鍋物用土鍋あたりがあるとほとんどの料理をカバーできる
・網類 コンロの魚焼きグリルやオーブンなどでもほとんど代用できるが、写真のようにコンロの上にのせるタイプの焼き網と鉄弓(てっきゅう)と呼ばれる串をのせるスタンドがあると本格的

鉄弓

・小道具類 おろし金(ショウガや大根をおろす)、ツマ用おろし金(左の写真。大根の細切りが簡単にできる)、お玉(汁物、揚げ物の油すくい用)、フライ返し(ムニエルなどに)、ボウル&バット(揚げ物の衣付けや材料入れに)、ザル(水切り用)、さいばし、金串(焼き魚用)、砥石(包丁研ぎ用)、ふきん
ツマ用おろし

このページの記事は、旧・房総爆釣通信に掲載していた記事を再編集したものです。
内容によってはデータが古いものもそのまま掲載していることをご了承ください。
最新の釣行記・近況記事は、ブログ「房総爆釣日記」をご覧ください。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

西野弘章 五目釣り師 竹岡にてマダイ釣り

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.